禁煙して感じた身体の変化

禁煙して感じた身体の変化その2

目覚め

 

禁煙した事によって感じた事がいくつかありますが、まず朝の目覚めがとても楽になりました。

 

喫煙している時は朝の目覚めが非常に怠く、なかなか起きられない事がしょっちゅうでした。

 

それが禁煙してからというもの、朝の目覚めがとてもスッキリしていますし、たとえ睡眠時間が短い場合でも苦も無く起きる事ができます。

 

朝の目覚めが楽になってから、いかにタバコが身体に有害だったのかという事を実感する事ができました。

 

口臭が激減したのも禁煙の効果だと感じています。

 

喫煙している場合は所謂ヤニ臭さがありましたし、そういった臭いは歯磨きをしっかりと行ったつもりでも解消する事ができません。

 

禁煙してからはそういったヤニ臭さが無くなりましたし、口臭が激減したのを感じています。

 

他にもニオイに敏感になったのも一つの変化です。

 

今までニオイに対して鈍感な面があったのですが、禁煙をしてからはわずかなニオイでもしっかりと感じる事ができます。

 

食事

 

その為、他人の口臭や体臭が気になるようになったり、食事の際のニオイも楽しめるようになりました。

 

こういった変化は一部ですが、禁煙した事によって色々なメリットを実感できています。